Japanpage:Sakeに訪問いただき大変にありがとうございます。

Japanpage:Sakeは「日本独自の"地域力"と"職人力"の価値をグローバル市場で定義する」ことをビジョンに掲げる アイディーテンジャパン株式会社が運営する「日本産酒類に特化したストーリーテリング+越境EC+国際小口配送」を特徴とする一気通貫サービスです。

Japanpage:Sakeは「日本産酒類事業者の知恵 / 哲学 / 挑戦を世界市場で評価する」ことを目的に 「世界のアルコール市場で「Sake」というカテゴリーをつくる」ことを目標に事業を運営しています。

日本酒は「米」を原材料とした「UMAMI」がたっぷりのアルコールです(アミノ酸含有率はビール「1」に対し、 ワインは「3」、日本酒は「8」と言われており驚くほどに多い)。日本酒だけでも様々な「旨味」「酸」を楽しめますが、 食と合わせることで食の楽しみ方を広げてくれる不思議なパワーを持っているアルコールです。 また様々な温度帯で楽しめるのも特徴です。日本酒は10,000~30,000銘柄といわれており、 その中から看板料理と合わせる日本酒を探し出すのも楽しみの一つです。

焼酎には純粋にアルコール分だけを高めて造られる甲類焼酎、原料の香りや味わいを大切に考えられて造られている乙類焼酎があります。 米、麦、芋、蕎麦、黒糖といった原材料を特定してつくるため多くの種類があり、それぞれにはっきりとした特徴があります。 アルコール度数が高いため、炭酸やジュース、お湯、水などさまざまな割り方で楽しめます。種類・飲み方ごとに、料理とのマリアージュを研究する楽しみがあります。

梅酒・他リキュールは、ほどよい甘さと飲みやすさから人気のお酒です。梅酒なら梅を、 その他リキュールではフルーツやお花などさまざまな原料をお砂糖に付け込んで作ります。 出来上がりはとろりと甘く、芳醇な香りが楽しめるのが魅力です。食前酒として飲まれることも多いですが、 いろいろなお料理やデザートとの相性も抜群なんです。メニューに合わせてロックやソーダ割など好みの飲み方にアレンジすることで、 さっぱりとしたメニューから濃い味まで、幅広い料理と一緒に楽しむことができるのが魅力です。

日本には日本酒をつくる酒蔵がつくるウィスキーがあります。日本酒がつくられるほどの美味しい水によってつくられるウィスキーは逸品です。 生産数が少ないために海外ではなかなか手にすることができないウィスキーは、 酒蔵ごとの風土や自然環境をイメージしながらウィスキーの芳醇な香りと味わいを楽しむことができます。

茶は残留農薬規制から輸出が難しい商品の一つですが、Japanpage:Sakeでは輸出可能な選りすぐり「ボトルドティー」「茶葉」をご紹介しています。 茶は入れ方によって味わいが変わる属人的なノン・アルコール飲料ですが、ボトルドティーは職人が見極めた香りと味わいをボトルに封じ込めお届けするため、 最上級の日本茶を楽しむことができます。

茶葉は全国の茶農家のこだわり、地理的特徴、実績などから判断し、 最上級にふさわしい茶葉だけをご紹介しています。みなさんで本質的な味わいを引き出してください。

酒器はその素材や形状によってアルコールの香りや味わいをより特徴づけることができます。 Japanpage:Sakeでは、硝子 / 木 / 竹 / 陶器 / 磁器 / 鉄/ 錫 / 銅 / 漆 / アクリルといった素材の酒器や、 日本の伝統工芸品とよばれる代々より受け継がれる職人の技による酒器も見つけることができます。

Japanpage:Sakeはすでに日本産酒類を取り扱っている飲食業の方やこれから取り扱ってみたいとお考えの飲食業の方に 「多種銘柄の小口注文」「酒蔵から直接仕入れ」「日本から直送」「小口空輸配送」「世界一律の商品価格」そして「大口購入の割引」によって、 1) 仕入銘柄候補の拡張、2) 酒蔵との交渉、3) 多種小口購入、4) 安価な仕入価格、が実現できます。 これらが有益な仕入方法の1つとしてご採用いただけるのであればとても嬉しく思います。

詳細の内容や参加についてお問い合わせいただく方はこちらからお問い合わせください。