今錦 美山錦 純米吟醸 原酒 (720ml)

  • 今錦 美山錦 純米吟醸 原酒 (720ml)
  • 今錦 美山錦 純米吟醸 原酒 (720ml)
  • 今錦 美山錦 純米吟醸 原酒 (720ml)
  • 今錦 美山錦 純米吟醸 原酒 (720ml)
  • 今錦 美山錦 純米吟醸 原酒 (720ml)
  • 今錦 美山錦 純米吟醸 原酒 (720ml)

¥2,285

  • facebook
  • twitter
  • *表示価格はJapanpage:における商品価格です。
  • *商品価格は参考値として複数の為替表示が可能です。
  • *決済は日本円で実行されます。
  • *配送先住所をご記入後、カートページにて購入に必要な総額(商品価格+配送料一式+諸税)が表示されます。

数量:

お気に入りに追加

  • *表示価格はJapanpage:における商品価格です。
  • *商品価格は参考値として複数の為替表示が可能です。
  • *決済は日本円で実行されます。
  • *配送先住所をご記入後、カートページにて購入に必要な総額(商品価格+配送料一式+諸税)が表示されます。

受賞
International Wine Challenge (IWC)2018 純米吟醸部門 銅賞
Sake Selection2018 純米吟醸酒部門 トロフィー
International Wine Challenge (IWC)2017 純米吟醸部門 銅賞
International Wine Challenge (IWC)2016 純米吟醸部門 銀賞

長野県産の酒米「美山錦」を全量使用して55%まで磨き、長野県産酵母で醸した純米吟醸酒が「今錦 美山錦 純米吟醸 原酒」です。製法は、伝統的な「酒槽搾り」。「酒槽搾り」とは、細長い酒槽に醪を入れた酒袋を何層にも重ね、押し蓋をしてゆっくりと圧を掛けて搾る昔ながらの技法です。こうして手間暇をかけて搾った酒には、雑味のない日本酒本来の味わいが生まれます。米の旨味と酸味のバランスが心地よく、華やかな吟醸香と芳醇な味わいが印象的な酒です。2018年、権威あるワインコンクール「ブリュッセル国際コンクール」に新設された日本酒部門「SAKE selection」の純米吟醸酒部門で、132点もの出品の中から1銘柄のみが得られる最高賞のトロフィー酒に選ばれる快挙を成し遂げました。世界一の味を堪能できる純米吟醸酒です。

今錦ブランドとは
「今錦」の名は、蔵元の先祖に草相撲の横綱がおり、その四股名が由来となっています。南アルプス麓の自然環境と良質な湧水に恵まれた土地で、地元の酒米を用い、伝統的な「酒槽搾り」に最新の技術を合わせて丹精込めて醸し出す日本酒です。

おすすめの温度帯

  • 熱燗 (50 - 55℃)
  • 上燗 (45 - 50℃)
  • ぬる燗 (30 - 40℃)
  • 常温 (15 - 20℃)
  • 花冷え (10℃)
  • 雪冷え (5℃)

タイプ

タグ

外観

  • 清澄度

    透明

    かすみがある

  • 色合い

    無色

    暗褐色

  • 粘性

    さらっとした

    強い

香りの特徴

  • 香りの強さ

    弱い

    高い

味わいの特徴

  • 味の濃さ

    淡麗

    濃厚

  • 甘辛

    甘口

    辛口

  • 複雑さ

    シンプル

    複雑

  • 酸味

    低い

    高い

  • うまみ

    低い

    高い

  • 余韻

    キレ

    余韻

香りや味わい

りんご

詳細情報

容量 720ml
サイズ(横 縦 高さ) 7.0 x 7.0 x 30.0 mm
重量 1.2 kg
原材料名 米、米麹、水
生産都道府県 長野県
アルコール度数 17%vol.
日本酒度 ? ?マイナスになればなるほど甘口、プラスになればなるほど辛口とされる日本酒の甘さや辛さを示す指標。 ±-1
酸度 ? ?日本酒に含まれる酸の量を表したもの。味わい・甘さ・辛さに大いに関係する、日本酒の味わいを数値化した指標。 +1.7
精米歩合 ??精米とは玄米から表層部を削った米であり、精米歩合は精米して残った米の割合を%で表したもの。米を磨くことでスッキリした味わいになり、米を残すことで旨みのある日本酒になる傾向がある。 55%
map

※ 未成年者への酒類販売は行なっていません。

  • facebook
  • twitter

SakeYoursのレビュー Review ? ? 日本酒スマートフォンアプリSakeYoursのレビュー情報を反映しています。

この商品が気になる人へのおすすめRecommend